家の塗装

■塗り替え周期の目安

免震・耐震・制震技術

 

免震・耐震・制震技術免震・耐震・制震技術

一概に塗料といいましても、本当に多種、多様です。アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系、無機系などがあり、それぞれ溶剤系と水性、1液タイプと2液タイプなどに分類されます。すべてに一長一短がありますが、グラフはざっくりと大きく4つのタイプに分けての参考目安です。

○○○技術

 

■塗り替えの目的

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

耐震補強技術

経年劣化の原因となる紫外線や、雨などから外壁材を守る塗膜が役割を果たせなくなると外壁材が劣化していきます。劣化した外壁材は、割れや、クラック、剥がれなどの症状を出しやすく、結果、雨水や湿気などが侵入し、やがては建物の機能、強度にまで悪い影響を及ぼしてしまいます。塗装は見た目の美しさを取り戻す「美観的要素」と本来の機能を維持させる「機能的要素」の向上に繋がります。

 

■外壁にクラック、ひび割れ、染み、色褪せがある

症状がでてしまったら、おおよそ0.5mmより太いクラックは、エポキシ樹脂注入や、Uカット処理などの補修方法が考えられます。0.5mm未満のクラックは、フィラーなどの下塗り材の擦り込みにて処理いたします。

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

耐震補強技術

本来は、症状が出る前に塗り替えるのが理想です。

 

■コケや、カビが目につくようになった。

耐震補強技術

こけの発生は、その部分の水はけが悪くなっている可能性があります。コケなどが直接、外壁材や、屋根材などを傷める事は考えにくいですが、水はけが悪い事には対処が必要になってきます。つまりコケなどが発生してしまっている箇所は、塗膜による防水効果を失っている可能性がありますので、再塗装する事をお勧めいたします。

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

耐震補強技術

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

耐震補強技術

耐震補強技術

耐震補強技術

 

耐震補強技術

 

■目地の劣化

外壁(サイディングボード、ALC板パネル)の目地コーキングは、お家にとって非常に大切な役割をになっています。

○○○技術

外壁材の耐候性と防水性を高めています。

コーキングは弾性樹脂系の充填剤ですので、外壁にかかる揺れや、振動の力を逃がしたり、外壁材自体の伸縮による破損から守ったりする役割があります。また外壁材の隙間や、窓回りと外壁材の隙間などからの浸水を防ぐ役割もになっています。

お家にとって非常に大切なコーキングですが、紫外線や雨などにより、経年劣化をおこします。変色、硬化、ひび割れ、隙間などの症状がでましたら要注意です。

作業手順

■カッターで切れ目を入れ、剥がす

○○○技術

 

■外壁材の両端にマスキングテープを貼る

○○○技術

 

■接着剤を塗布する

○○○技術

 

■コーキング材を注入する

○○○技術

 

■ヘラなどを使い、きれいに補正する

○○○技術

 

■マスキングテープを剥がして補修完了

○○○技術

 

コーキング工事は非常に難しく、技術力のいる作業です。

 

■室内塗料でウイルス対策

○○○技術

      日本ペイントH・P